デッドコピーに学ぶネットワークビジネスの「本物vs偽物」見分け方3つのヒント!

※このサイトは50歳以上の自営業、会社経営者向けに開設しています

はじめに

まずはこの写真をじっくりご覧下さい。

↓↓本物と偽物が並べてあります↓↓
リファ1
リファ2
リファ3

この商品はMTGという会社の「ReFa CARAT」です。
MTGはクリスティアーノ・ロナウドのCMで話題のシックスパッドが印象的ですが、 MTGで売れている№1商品がこの「リファカラット」です。

ロナウドのCM「SIXPAD」
SIXPAD

※MTGが発信した注意書き
2014年7月、弊社は、製品本体の形状が非常によく似た「ReFa CARAT」の模倣品を発見しました。

この模倣品は、製品本体の形状だけでなく、パッケージや取扱説明書、付属品の全てにおいて精巧にコピーされており、非常に見分けがつきにくい悪質なもの(デッドコピー)です。正規販売店でのご購入をおすすめします。

MTGは美容室やエステサロンなどで人気が高くあまりにもコピー商品が出回るためMTG側はネット販売に関しては「認証マーク」を発行しています。

※私の美容室「美容工房 たんぽぽ」はMTG正規代理店です

1.リファ・カラット、本物と偽物はどうやって見分ける?

上記のMTGのリファ・カラットに関しては「見分ける術(すべ)は無い」とMTGが
コメントしています。ちなみに定価は税込2万5,704円。

コピー商品のほとんどは、

  • 偽物なので定価よりも大幅に安く売られている事が多く(1万円台)
  • 防水機能がなかったり
  • 微弱電流が流れていなかったり
  • ロット番号がなかったり・・・

購入は正規代理店から公式サイトからとMTG側はオススメしています。見ただけではMTG社員が見ても分からないほど偽物が精巧に出来ているとのこと。

2.「本物と偽物」vs「成功と失敗」の不思議な関係?

誰しも偽物をつかまされたくない!!ですね。でも、本物を知るために・・・本物を見極める為にどうしたらよいのか?

残念ながら、答えは「一度はだまされる」です。
「んっ???」って思いますよね?

成功するにはどうしたらよいか?
やはり答えは「一度は失敗すること」です。

成功の反対

本物を見極める目を持つことは失敗すること成功しか考えていないと
失敗したときに挫折しやすい・・・

  • 失敗はなく学び
  • 失敗したときは「失敗に向き合う」こと
  • 失敗から目をそらさないこと
  • 動かない人は失敗出来ないから何も学べない
  • 失敗にも心を開く(受け入れる)こと

ただし、

  • 失敗に慣れすぎないこと
  • 値切ってくれそうもない商品を値切ってみる→断られる→小さな失敗の体験
  • 誘っても断られそうな人をあえて食事に誘ってみる→断られる→小さな失敗の体験

↑↑最初から「失敗(断られる)することが分かっているのでショックを受けることがない。小さな失敗を積み重ねていって、その原因を見つけることが結果的に成功につながることを理解する。

成功

3.もし「10年後の自分の未来」が今分かったら?・・・

10年後のあなたは、

  • ガンに冒されて余命1ヶ月の宣告を受けています
  • 親の財産を兄弟で分けることになったが、こじれて裁判で係争中
  • 南海トラフ大震災で自宅を失いホームレスになっている
  • 原子力施設臨界事故で放射能汚染があり汚染の恐怖におびえる毎日

人生の挫折

もしこれからの10年がこんな結果になると分かっていたら、自分の10年後の姿がこんなんだったら…
きっとこれから生きていくのがつらいですよね?

では真逆だったらどうでしょうか?

10年後のあなたは、

  • 今の仕事で大成功して「億万長者」になっています
  • 宝くじで10億円当たり悠々自適な老後を送っています
  • ネットワークビジネスで月収300万円をもらって大好きなハワイで暮らしている

宝くじ当選

きっとあなたは、すぐに商売を辞めてしまい会社もたたんでしまうかも知れませんね。でもこんな人生は本当に楽しいでしょうか?

私はこう考えます
よく成功者とか、負け組とか言うけれど、そんなものは最初から存在しないのではないか・・・あなた自身が「成功した」とか「幸せだなぁ」と思えるのなら、それが一番良いのではないでしょうか?

あなたの人生であり、あなたが主役。誰かと比較したり比較されたりするもの
ではありません。そのかわり、どのような結果になったとしてもすべてを受け
入れる覚悟が必要です。

私の周りでネットワークビジネスで着実に稼いでいる人は、自己責任の意味が分かっている人です。

責任転嫁

片や、うまく行っていない人はなぜか自分の紹介者やグループの人たちの悪口を
言い続けます。恩着せがましいタイプの人に多いです。

  • これだけやってあげたのに
  • あんなに面倒見てあげたのに

あちらこちらで噂話や悪口を言いふらすので、結局その人の周りには人が寄って
来なくなってしまいます。
それでも本人は気が付かないのでどうしようもありません。

本物と偽物のまとめ

では、ネットワークビジネスにおいての本物とは何かと言う事になります。
最初にMTGのリファを参考に本物と偽物の写真を見比べてもらいました。
見ただけではわかりませんよね?
あなたは実際に比べてみたら分かるでしょうか?

全部フェイク

本物が分かっている人には偽物は分かります。でも偽物しか知らない人は本物を見ても、きっと偽物にしか見えないでしょう。

※お金・観葉植物・抹茶アイス・かに棒はすべて偽物(フェイク)です。
※リファカラットは、左側が「本物(正規品)」で、
右側は「デッドコピー(模造品)」です。

では、どうしたらよいでしょうか?
『本物のネットワークビジネスの選び方・3つのヒント』

1.取扱製品は本物かどうか?
2.愛用者の登録比率が高いかどうか?
3.ネットワーカーと言われるプロ集団が存在すること

になります。
どの会社を選ぶかというのは一番大事です。でも、その点は自分であちこち探すよりも業界のプロである「ネットワーカーが選んだ主宰企業」であれば間違いありません。

会社の代表者や役員、資本金、従業員数など調べれば簡単に分かりますが、その会社をビジネスの対象として見た時に、今後長く繁栄し自分に多くの利益をもたらしてくれるかどうかの判断は、プロに任せる方が安心です。

また会社の商品や製品を、自分自身が愛用することも大切です。
実はネットワークビジネスの主宰企業はネットワーカーが支えているわけではありません。毎年売上に貢献し、主宰企業を支えているのは大勢の愛用者なのです。

主宰企業にプロ集団が存在しているお陰で、私たちは『本物のネットワークビジネス』をゼロから学ぶチャンスがあるのです。万が一それでもうまく行かないとしたらあなたの中の問題があるのかも知れません。

追伸:最近は警察官にも「偽者」が出回っているようです。ご注意ください!

読売新聞掲載(2017/04/09)↓↓
読売新聞4/9掲載

では又。吉野将弘



pc資料請求バナー-

a:71 t:1 y:0