ネットワークビジネス「ニューリーダー列伝」から読み解くもの!

※このサイトは50歳以上の自営業、会社経営者向けに開設しています

ネットワークビジネス主宰企業にニューリーダーが台頭!

今回の月刊ネットワークビジネスは
「ニューリーダー列伝」と題してそれぞれ
のネットワークビジネスのリーダーや
若手メンバーを具体的に紹介しています。

何がきっかけで、ネットワーク
ビジネス主宰企業に参加したのか

日頃どのような活動しているのか、

どんな心構えで取り組んでいるのか
とても興味深いので紹介していきたいと思
います。

1.井手口武史さん(アトコントロール)

ネットワークビジネスを始めて1年弱。
年齢は33歳。以前はベンチャー企業に出資
したり、自らベンチャー企業を立ち上げる
投資家でした。彼は「ネットワークビジネ
スも投資と同じ・・・自分の時間と努力を投資
するから」と言う考え方です。

興味深いのは、彼の父がネットワーク
ビジネス業界で有名な井手口利徳さん。

井手口利徳さんは現在、私と同じフォー
デイズでトップリーダーとして活躍し
ています。利徳さんは以前フォーリーフで
トップリーダーでしたが、ご自分のグル
ープを率いて数年前フォーデイズに参加
しています。

武史さんはその父を超えるためにアトコ
ントロールを選び、ゆくゆくは世界に出
たいそうです。そんな彼は早稲田大学を
卒業後、投資家の道で成功していました
が、現在は4人のお子さんを抱える良き
パパでもあります。

アトコントロール・トップリーダーから
のメッセージ↓

『グループ作りは共同経営です。苦しみ、
失敗したとしても、あなたは決してひとり
ではありません。メンバーと共に歩み、
楽しみ、一緒に成功しましょうね』

個人的にはあの井手口さんの息子さんが…
という思いはありますが、これからの若手
のリーダーとして世界へ羽ばたいてくれる
事を願っています。

2.木村良平さん(サンベール)

木村良平さんは私と同じ茨城県在住です。
年齢が26歳なので、私の子供達と同年代と
いうことなります。彼は実業団で野球選手
として活躍していましたが、 2014年怪我
をして退職。

サンベールに参加後、メンバーを増やし
てはいても、なかなか安定した収入は得
られなかったそうです。

彼の転機は野球を教えてくれた恩人が
参加してくれた時でした。そのためか、
グループのメンバーは野球関係の知人が中心で、
ミーティングや飲み会など頻繁に行っているよ
うです。

彼のビジネススタイルは「とにかく足で稼ぐ」

文章の中に「根性がある」というのを、茨城弁で
「根性つっぱってる」と書いてありますが、
申し訳ありませんが、茨城在住50年の私は使った
ことがありません。

3.吉原正美さん(モデーアジャパン)                    
  
私が調べたところ、モデーアジャパンは2015年
4月モデーアジャパン合同会社として設立。
ニューウェイズジャパン合同会社が社名変更
してはじめに2013年に米国でオープンしました。

吉原さんは現在50歳。長崎県出身で4年前
メンタルトレーナーとして独立。モデーア
ジャパンに参加したのは、「ソーシャルリ
テール」がきっかけです。

ソーシャルリテールはインターネットで
お客様が商品を購入できる仕組みで、
自分のサイトから相手が購入すると
バックマージンが発生する仕組みの
ようです。
SNS(LINEやFacebook)を使って広めて
いける可能性を感じたからだと言います。

自分のグループでは、男女問わずビジネス
として捉える経営者が多く、スマホアプリ
のLINEを活用してグルーブラインに写真
や動画で本社のイベントやセミナーの様子
をいち早く伝える事を日頃実践しています。

経済と精神の自立を伝え、未来の子供たちに
美しい地球を残すと言うモデーアのミッショ
ンに深く共鳴しています。

いかがでしたか?

今回は3名のリーダーを紹介しました。日頃の
活動の様子はもちろんですが、根底にある覚悟
とか決断力が、良い方向に導いてくれて、その
結果としてグループが構築されていくと感じました。

それぞれネットワークビジネスの主宰企業は
別々ですが、おそらく参加する企業が変わっ
たとしても、現在の結果を得る事ができたの
ではないか、と思います。

今後、ネットワークビジネス業界が、国内は
もちろん、世界中のビジネスモデルとして
世の中に貢献して事を期待しつつ次回も他の
企業のリーダーを紹介していきたいと思います。

では又。吉野将弘


pc資料請求バナー-

a:86 t:2 y:0