ひきこもりはインターネットを活用したネットワークビジネスで救えるのか?!

※このサイトは50歳以上の自営業、会社経営者向けに開設しています

はじめに・・・なぜ、このテーマを選んだのか!

今回は「ひきこもり」について考えてみたいと思います。現在、読売新聞に連載中のひきこもりに関して、実際に起きた事件やその内容を読んでとても気になったからです。

そこには「ひきこもり」になった子供とその両親の長い間苦悩と葛藤があり、結果子供を殺害した事件(未遂含む)が綴ってあります。

ひきこもり1

連載を読みながら・・・私は引きこもりになった経験はありませんが、同じ引きこもりの方でも程度によっては、

  • インターネットを使ったネットワーク
    ビジネスが可能なのではないか?
  • この仕事なら、多少なりとも安定した
    継続収入が得られるのではないか?

そう思い記事を書くことにしました。
どんなに素晴らしい情報でも机上の空論では1円も稼ぐ事は出来ません。

  • 経験ゼロ
  • スキルゼロ
  • 初期投資ゼロ円で始められる

と書いている記事がありますが、これはありえません。メールのやり取りをするにしても、記事を書くにしてもパソコンやスマホの操作など最低限出来ないと仕事にはなりません。

又、どんなネットワークビジネスを選択しても初回購入分として1~5万円・定期購入代金として1~2万円は掛かります。

収入 (2)

世の中に簡単にお金が稼げる話など詐欺以外ないのです。私が今回インターネットを活用したネットワークビジネスをお勧めする方は、引きこもりであっても、

  • 何らかの仕事をすることで自立を目指す意思がある方
  • 自分の両親が高齢化しており万一亡くなった時にどうしたらいいか分からない方
  • 自分が病気になったり怪我をした場合に生活に対して日頃から不安を抱いている方
  • 人と直接会って話す事は苦手だけれども、現在の状況から抜け出したい方
  • 本当は親元から独立して一人で生活したいけれどもその方法が分からない方

このような方を対象に考えています。ですから

  • 働く意思がまったく無い方
  • 収入がなくても困らない方
  • 現在の環境や状況に不満が無い方

は申し上げありませんが、このまま読み進めてもお役に立つ情報はありません。

1.ネット上のひきこもり関連の情報について

ネット上では引きこもりの人を対象にネットワークビジネスを勧める記事がたくさんあります。
ただ、結論を急ぐ記事が多いのがとても気になりました。おそらく記事を書いている本人は引きこもりの経験がないのでしょう。それは文章を読むとすぐに分かります。

一方で、引きこもりの経験を持つ、あるいは現在も引きこもりと言う方の書いた記事はやはり説得力があります。自分の体験を通して記事を読んでいる人に提案しているだけなのです。

2.ひきこもりを改善しながら仕事ができる可能性があるか

引きこもりは精神疾患の1つと言われています。原因もストレスが一番多いようですが、目に見えるものではないので、具体的な治療法は今のところ無いようです。

ひきこもり

ところで、私自身は2004年から13年間健康食品を飲み続けていますが、その販売元がネットワークビジネス主宰企業でした。会員登録してからまもなく毎月ボーナスが発生したので、健康食品を購入すると言う経験は1度もありません。それが現在まで継続しています。

私が実際にネットワークビジネスで得た収入↓
ネットワークビジネスの収入をあなただけに公開します!ただし期間限定です!

この企業はネット上の販売や契約は禁止していますので、残念ながらここで提案することは出来ません。

3.まずは5年後、10年後の収入の確保を!!

自分もだんだん歳をとってゆくゆくは80歳、90歳、100歳と高齢化していきます
(121歳まで生き切るのが目標です)。
老化は誰にも止める事は出来ません。

100歳まで仮に健康であったとしても、
現在のネットワークビジネスのように
全国を飛び回る自信はありません。
ですから、

  • 年をとっても
  • どこに住んでいても-
  • 在宅でパソコン1台あれば
  • 安定した収入が得られる可能性のある
  • インターネットを活用できる

ネットワークビジネスを探していたのです。

インターネット

ひきこもり問題のまとめ

私の知り合いに30代男子で未だに引きこもり&ニートを続けている人がいます。両親と同居中の彼の場合、幸い両親が共働きなので、生活そのものは当面心配は無さそうです。

当たり前ですが、人間は歳をとります。
現在の健康や経済状態、取り巻く環境など必ず変化します。私が経験したように、臨界事故や東日本大震災のようなことが今後絶対に起こらない確証もありません。

私は不安を煽っているのではなく、準備しておくことをオススメしています。ネットワークビジネスは、ご自分の体験や経験が生かされる仕事です。現在、たとえひきこもりであってもその経験が近い将来仕事とリンクするのです。

インターネットとネットワークビジネスを融合したハイブリッドタイプの仕事は、日本では数年前に始まったばかりですが、すでに実績を挙げています。
将来のために、ご自身のために是非正しい情報を手に入れてください。

では又。吉野将弘



pc資料請求バナー-

a:65 t:1 y:0